更新情報

車と私たちの生活

私たちの祖先は様々な方法で移動をしてきた。
徒歩や走ることが主流だったが、中には馬に乗ったりかごに乗ったりと「楽な」移動方法を追い求めていたことがある。
実際このような楽な方法で移動できたのは、お金持ちに限られていたが徐々にその垣根も低くなり庶民の生活にも浸透してきた。
垣根が低くなった理由は「大量輸送が可能な移動手段」が開発されたからだ。

自動車のおかげ


産業革命期のイギリスでは、蒸気機関が開発され工業や交通に応用されてきた。
特に蒸気機関車はその後に続く鉄道の系譜を創った一大発明であり、今の私たちも山手線や東海道線に乗れるのはこのおかげだったのだ。
そしてガソリンで動く「自動車」の開発も忘れてはならない。
日本ではたくさんの自動車メーカーが戦後の経済を支えてきた。
不用品回収のトラックだって日本の自動車メーカーが創っているから、世界中で愛用されている印である。
また、自動車は路線バスやタクシーなど公共交通機関にも応用されている。
しかし近年の人口減少に伴って、バス路線が廃止に追い込まれる事例も多くなり地方や山間の地域では「バスがないから高齢者でも自動車を運転しなければならない」という事態が起こっている。

生活と自動車


生活の中で自動車がなかったら大変なことだ。
先ほどの山間の地域の事例もそうだが、私たちの日常生活にも様々な支障を来しかねない。
ご飯を食べるにしても、洋服を着るにしても今ではそのほとんどがトラック輸送にゆだねられており、早朝スーパーや百貨店の搬入口に大量のトラックが並ぶ光景を見たことがある方もいらっしゃるだろう。
これほど欠かせない自動車にも欠点がある。
それは「温室効果ガスを大量に排出する」ということだ。
温室効果ガスはご存じの通り、地球温暖化の原因になるガスのことで二酸化炭素や二酸化窒素がそれに当たる。
自動車からは排気ガスが出る。
その中に温室効果ガスが大量に含まれているのだ。

これからの地球と生活

地球温暖化を止めたいからといって、自動車に乗らないわけにはいかなくなっている私たちの生活。
今後自動車とは上手につきあっていくに他ならない。
たくさんの資源を消費する私たちの生活では、千葉の粗大ごみ・不用品回収パーフェクトクリーンを活用して不用品回収とも上手につきあう必要があるように、自動車とは温室効果ガスが出るものとしてつきあわなければならないのだ。
これから自動車と地球に配慮した生活についてご紹介する。
ハンドルを握るときに少しでも思い出していただけたらうれしい。